ファンデーションの色選び・正しい肌への合わせ方。知った人から美人肌に。

2015.08.03

作成者:まき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Foundation300

引用元:SELF

ファンデーション選びに、美容部員に選んでもらって、いざ、自宅でつけてみたら、色浮きする!

なんて、経験をした方もいるかも知れません。

先に1つ申し上げますと、ファンデーション選びは、テスターを手元で塗って試したくらいで選ぶのは失敗の元です。

ではどのように選べばいいのか、正しいファンデーションの選び方についてお話ししていきます。

失敗しない!ファンデーションの選び方は?

ファンデーション選びはかなり、みなさんそれぞれ好みがあります。

実際の肌色より明るい色を買われる方や、実際よりもピンクオークルの色合いのものを好んで買われる方など。

お肌のくすみが気になる年齢肌の場合は、実際の肌色よりもピンクの色合いが強いものを使うことで、くすみを目立たなく仕上げる事が出来ます。

まず、失敗のないファンデーション選びには、ファンデーションの持ち帰って試せる一回分のサンプルの活用などがオススメです。

ファンデーションの色選び!抑えておきたいコツとは?

foundation-skin

引用元:YouQeen

ファンデーションが自分の肌色に合うか合わないかを判断する時に抑えておくべきコツがあります。

それは、顔と首の境目にサンプルのファンデーションを付ける事。

サンプルが手に入らない場合には、ファンデーション色見本をプリントアウトしたものなどを自分の肌と首の境目に用紙を当てて見比べてみてください。

ファンデーションも、蛍光灯の下で見た色の印象と、太陽の光の下で見た印象とか違います。

それでも合うファンデーションの色が分からない場合は、まずはメーカーの標準色をつけてみましょう。標準色をつけて、それよりも明るめがいいか、濃いめの色合いがいいかを判断するのもいいと思います。

ファンデーションの売れ筋は標準色か標準色よりも一段階明るめの色あたりに偏っています。

日本のメーカーのファンデーションであれば、大抵は標準色のファンデーションでみなさんの肌色に合う色合いで作られていますが、「標準色でもなんだか気に入らない…」というようならばパーソナルカラー診断を目安に色選びをしてみましょう。

次に、色合い別に見極めるポイントをお伝えします。

ファンデーションの色が合わないという方に!肌色ごとの選び方

foundation-models_1539_1

引用元:Beauty Brands

色白肌

お化粧をしていない唇の色が明るめのピンク色をしている方は、ファンデーションは標準色よりも明るめの色を選ぶと似合います。

血流が透けて見える肌色で、色白肌の方の特徴でもあるため、口元の色が元々ピンク色の方は、口元の色とのバランスから見ても色白ファンデーションがお勧めです。

中間色

アイシャドウがゴールドやベージュなどが似合う肌色の方は標準色がオススメです。

ゴールドやベージュなど、肌色の馴染みのよい色を日常的なアイメイクに取り入れている方は、程よく黄みの入ったファンデーションの、中間色がお似合いになります。

中間色のファンデーションと、ゴールドやベージュのアイメイクとの相性も抜群で、トータルで見てメイク映えもしてくれます。

赤み肌色

肌色に、青みがかった色合いが見られる方はピンクオークル系のファンデーションの色合いが似合います。

青みがかった色合いの肌色の方は、素肌の状態では元気のない印象になりがちです。

ファンデーションの赤みのある色合いのものでメイクをすると、程よく血色感をプラスする事が出来ます。

青みがかった色合いの肌色に、赤みのある色合いのファンデーションで血色よく見える肌色にメイクする事で、元気な印象に仕上がりますよ。

ファンデーションを季節ごとに変えるとメイク上級者

すべての肌色の方に共通で言えるのは、季節ごとにファンデーションを変えたほうがより良いということ。

夏場に日焼けする機会が多い場合や、日焼けし易い場合などは実際の肌色よりも少し濃いめで選ぶという方法もお勧めです。

もし、少し濃い目のファンデーションしばらく使ってみたものの、色合いが好みでなくなった場合には、濃い目のファンデーションをシェーディングとして活用してみる方法もあります。

いつも使っている化粧下地が、かなり白っぽくなるという場合にも、ファンデーション購入の際には、購入検討中のファンデーションのサンプルを使用していつもの下地と購入予定のファンデーションの相性をみておくのも良いと思います。

季節の変わり目、ファンデーションの色選びのポイントをお伝えしました。ポイントを活用して、お気に入りのファンデーションを見つけてみて下さい。

この記事のライター

カラフルな壁と風船を持つ人

美容ライター

まき