リップライナーの使い方※動画で紹介中!カラー選びのコツや効果など総まとめ♡

空の画像

bitty編集部

sora

公開日:2016.03.09

一度使用してみると驚くほどの魅力にとりつかれてしまう【リップライナー

普段使いの口紅が今以上に落ちにくくなったり、口紅の色の深みが増したり、他にもメリットがたくさん。使わない理由がないほど優秀アイテムです。

しかし”どう使えば良いかわからない”という声も多く「気になるけど使ったことはない」「買ってはみたものの放置している」という方も居るのではないでしょうか?

そこで今回、リップライナー初心者から、改めて使ってみようかなーと思っている方に、以下のお役立ち情報をお届けします。

  • リップライナーって何?使う意味って何?
  • リップライナーの種類
  • リップライナーの正しい使い方・手順
  • 相性の良い口紅とのカラー解説

読み終えた時には、また新しいリップメイクを楽しめちゃうこと間違いなしです♡

リップライナーって?使うとどうなるの?

リップライナーとは、唇の輪郭を描くために使用するもの。

唇の形をハッキリ出したり、理想の上唇、下唇にしたい時には必須のアイテムです。リップライナーを使用する事で変わる・得られるメリットはこのようなこと♡

理想の唇の形が手に入る

リップライナー理想の唇を描く

引用元:mymaika.ge

憧れの芸能人やセレブの唇に、はっきり色付いた口紅が、キュートでぽってりした唇・切れ長のセクシーな唇・小さな唇に見えて羨ましい!と感じたことはありませんか?そんな理想の唇もリップライナーを使用すれば実現可能♡

海外のメイク画像を見ると唇を合成しているかのようなキレイなLipの形をしていますよね。雑誌のモデルさんも同じ。あれはペンシルを使ってしっかり輪郭を描いているためキレイな唇が表現できているのです。

また、口紅を塗った時「肌の色と口紅の境目がぼんやりしてしまう」という方にもライナーの使用がおすすめ。

唇に輪郭をもたせることで顔の立体感を出すことができます♡

口紅が落ちにくくなる

口紅を落とす女性

引用元:us.ayushveda.com

「落ちない口紅を探している」という方も多く見かけますが、普段使いの口紅にリップライナーを+するだけで口紅の持ちが各段に違います

口紅やグロスのにじみを防ぎ、色がしっかり唇に密着して落ちにくくなるため、なかなか口紅を直す時間がない・飲食をする回数が多い方は必須のアイテムです。

口紅の色の深みが増す

口紅だけを使用した時と、リップライナーを同時に使用する時では色の見え方も全く異なります。

口紅本来のカラーに、より深みをあたえてくれるため発色が抜群によくなることも♡

バーガンディやワインレッドなど、はっきりとした赤やもちろん、普段使いのピンクなど見たまま以上の発色をしてくれます。

歯に口紅がつかなくなる

口紅が歯についている女性

引用元:fustany.com

「あ、前歯に口紅がついてる」こんな事も、たまにありますよね。色がハッキリしている口紅では余計に目立ってしまいます。

唇の内側までキレイにムラなく口紅を塗りたいし、仕方ないかなと思っている方もいるかもしれまんが、そんなときにもリップライナーを使用してみて下さい。

ヨレやすい内側にペンシルで色付けすることで口紅よりも断然落ちにくく、歯につく確率が下がります。

口紅がはみでてしまうのを解消

リップがはみ出てしまう時

引用元:glamour.com

唇の横から口紅がはみでてしまう経験はありませんか?ミートパスタを食べた後のような口周りに見えてちょっとカッコ悪いですよね。

そんな時はライナーで縁取りをするだけで悩みが解消されます。唇の輪郭を太めに描いていつもより少し口紅を内側にのせていくと良いでしょう。

リップライナーの種類は【ペンシル・繰り出し式】の2種類

リップライナーの種類は主に2つ。鉛筆のようなペンシルタイプと、繰り出すタイプのリップライナーです。

【ペンシルタイプ】

ペンシルリップライナー

引用元:helloterrilowe.com

ペンシルタイプは油分が少なめで固め。色付きも密着度も高いため、早めにボカしてあげないと描いたラインだけ浮いてしまうこともあります。

しかし、滲みにくいタイプで長時間色や形をキープしたい人にはおすすめ。上唇の山や、キワなどはっきり形を出したい箇所にむいています。

【繰り出すタイプ】

繰り出すタイプのリップライナー

引用元:beautylish.com

繰り出し式のものは比較的柔らかいテクスチャーが多くなっています。初心者の方はこのタイプが描きやすいでしょう。

また、ナチュラルに仕上げたい時はこのライナーだけでも十分に色味を出すことが可能です。

リップライナーを使う手順とワンポイントアドバイス!

【事前に準備しておくこと】

リップライナーは密着度が高いぶん唇を乾燥させやすいアイテム。事前に保湿することでカサつきを抑えてくれるため、事前に保湿リップクリームを塗っておきましょう。

また、リップライナーは購入時先がとがった状態で、そのまま輪郭を描いてしまうと線だけが浮いてしまいます。ペン先を少し削る・丸くすると塗りやすくしておきましょう。

【1.上唇の中央から外側にむけて山の部分を描く】

リップライナーで輪郭を描いていくことは手がプルプルしてずれてしまったり、はみでてしまったり実はなかなか難しいです。 そんな時に意識するのはワキをしめる事。  手ブレをおこさずキレイなラインを描くことができます。  

【2.下唇の中央を色づける 】

上唇の中心にあわせて下唇の中央にも色づけをしていきます。

【3.口角→上唇までラインをひく】

口角から上唇の中央に描いた山にむかってラインをつなげましょう。 この時に、口角のはじの部分をペンシルで塗りつぶしてしまったほうが綺麗な輪郭をつくることができます。      

【4.口角から下唇の中央にむかってラインをひく 】

上唇と同様に、下唇の口角も中央へむかってラインをひき、はじの部分をペンシルで塗ってしまいましょう。

【5.軽く内側にぼかす】

リップライナーは口紅に比べてテクスチャーが固く、すぐに唇へ密着してしまうものも少なくありません。ラインがはっきりでてしまわないよう色をのせたらすぐにボカしましょう。

そうすると綺麗な唇の輪郭をつくることができます。

【リップライナーと口紅】カラーの合わせ方

リップライナーは今でこそ様々なカラーがでているものの、大きくわけて3色。

ベージュ系・ピンク系・レッド系です。それぞれに相性の良いカラー・反対に色味をくすませてしまうカラーもあるので要注意です。

基本的には口紅に似たカラーをチョイスすれば間違いありません。普段使いの口紅の色にあわせて選んで下さいね♡

ベージュ・ブラウン系のペンシル

ベージュ・ブラウンのリップライナー

引用元:reallyree.com

ベージュ・ブラウン系のペンシルは、幅広く使用できるアイテム。ローズ系のピンクをより深みのある色にしたり、キレイな発色にすることが可能です。

肌にも馴染みやすく、リップライナー初心者の方はとくにベージュが1番使用いやすいカラーと言えるでしょう。

ただし、真っ赤な唇やビビットなピンク口紅の色をくすませてしまう恐れがあるため、口紅の色がハッキリしたものしかつけない方にはおすすめしません。

ピンク系のペンシル

ピンク系のペンシルは、ベージュと同様色味を深く見せてくれる優秀カラー。しかしマットな感じのコーラルピンクなど、濃い口紅には色の深みが出にくくなります。

可愛らしい唇に仕上げたい場合は、口紅より少し濃いピンクのペンシルをチョイスしましょう♡

レッド系のペンシル

レッド系のペンシルに合うのはレッド・ピンクの口紅。

真っ赤な口紅はベージュ系のペンシルで輪郭を描いてしまうと、唇がくすんで見える恐れがあります。必ずレッド系のペンシルを使用するようにしましょう。

深みのある赤に変化し、よりセクシーな色合いを表現することができます。

リップライナーを活用して理想の唇へ♡

リップライナー

引用元:irim.org.my

リップライナーは使う理由がないほどの優秀アイテム。口紅の前に+してあげることで顔の印象がより良く変化してくれることも間違いありません。

ハイブランドのリップライナーでも1本2500円前後で購入できるため、これを機に試してみてはいかがでしょうか?

普段使いの口紅を深みのある色へ変化させ、女性らしさが溢れる理想の唇を手に入れて下さいね♡