丸顔が嫌!色気のある顔になりたい!簡単にできるメイクテクニックとは?

2015.09.22

作成者:レイナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

02_point1_img

引用元:beauty.hotpepper.jp

「丸顔が嫌だ!」とコンプレックスになっている女性って結構多いですよね。

こんな悩みはありませんか?

  • 顔が丸いから太っているように見られがち
  • いつまでも子供っぽく見られてしまう
  • 色気のない顔に見えて嫌

なんとかしたくたって、整形してアゴを入れるのも嫌だし、そもそも骨格的なメリハリは生れつきないから仕方ないと諦めている方も居るのではないでしょうか?

しかし、丸顔の悩みを解決しながら、長所を最大限に生かすメイクの方法があります!

丸顔→メリハリのある顔に!2つのポイントを抑えればOK

article-0-1C2DE5FF00000578-67_634x733

引用元:www.dailymail.co.uk

丸顔さんの印象は、とにかく“まるい”ただそれだけに限ります。

丸さゆえの長所、やわらかさはあるものの、引き締まったメリハリ感に物足りなさがある丸顔さん。

その長所と短所をうまく結び付けくれるポイントがこの2つ。

  • ポイント1:際や先端に濃さを出すこと
    ポイント2:常に角度をつけること

これだけです。

とは言っても、具体的にどうやってメイクをしていけばいいのかわからないと思いますので、ポイントをおさえたメイク方法を見ていきましょう。

丸顔さんの顔をパーツ別にメイク!その方法って?

ベースメイクは縦のラインを意識して

常に平面的に見られがちな丸顔さんは、ベース作りから立体感を出していく事が大切。

肌のハリ感だけをうまく残せる顔立ちになります。

base-de-maquiagem2

引用元: maquiagenspassoapasso.com.br

ポイント1“際や先端に濃さを出すこと”を意識してメイク:顔左右の外側に暗めのファンデーションかシェーディングを乗せ、タテ中央には明るめのファンデーションをのせてください。

額の中央から鼻筋を通すハイライト・眉頭の下から長めにノーズシャドウを入れ、タテのラインを強調すればOKです。

縦長感がでて、頬の丸いハリは残しつつ、顔全体は立体的にみえます。

眉メイクは媚山の位置を意識して

眉山に角度をつけず、一本調子の直線的な眉の形は丸顔さんにとってはとても危険。平行な眉を描いてしまうと、額に余白ができて、さらに丸顔、平面さを強調してしまいます。

ポイント2“常に角度をつけること”を意識してメイク:眉山は黒目より外の位置に。眉山より眉頭は下げて描いて、眉に角度をしっかりつけて。

eyebrow-arch

引用元:www.hercampus.com

平らだった眉に角度をつけることで、顔中心のタテのラインが強調されて鼻も高く感じます。

顔の中心にタテ長感があるだけで、丸顔特有の幼い印象が一気にエレガントな印象に早変わりします。

アイメイクは色をのせる位置・色を意識して

まぶたの中央に、ただ単に広げるアイシャドウの付け方は論外!それでは、目の丸さが強調されてしまい、余計に丸顔が強調されるさことに。

ポイント1と2“際や先端に濃さを出すこと” “常に角度をつけること”両方を意識してメイク:アイシャドウはパール系のものをチョイス。色は肌に馴染むベージュを選択すると眉と目の感覚が広がったように見え、メリハリ感がでてきます。

maxresdefault

引用元:www.youtube.com

アイラインは際にしっかり濃くいれ、目尻より2~3mm長くひきます。こめかみに向かって少し角度をつけて引いてあげると、頬が張っている印象を調和してくれるでしょう。

マスカラは上まつ毛には黒を塗り、上向きを強調。目尻側に二度つけしてあげることで、やわらかさの中に、引き締め感を。

下まつ毛は強調しないように青のマスカラがベターです。

チークはつける位置を意識して

チークの形を丸くいれてる方、余計に丸顔に見えてしまいますので注意です。

ポイント2“常に角度をつけること”を意識してメイク:チークは縦長にブラウン系のものを入れ、真ん中あたりに赤系もしくはピンク系を重ねること。立体感と縦長感を同時に手にいれちゃいます。

natural-makeup1-e1381233717895

引用元:chiprx.com

リップは素材・色選びが大事

リップは素材や色選びが大切です。

  • パールっぽい素材のもの
  • グロスをたくさん使っている人
  • 唇の輪郭をオーバーリップ気味に描いてしまっている人

余計にアゴがないように見えてますのでお気をつけください。

ポイント”1際や先端に濃さを出すこと”を意識してメイク:まず色選びは、白っぽいピンクを避けて下さい。選ぶなら、オレンジ系・赤系・ベージュ系。ピンク系を使う時は青みの入ったローズピンクを使いましょう。

Marcelle-Lips

引用元:www.foninja.com

また、上唇の山の上と、下唇の底にハイライトを塗り、唇のタテのラインを強調することで、アゴのラインがシャープに浮き出てきます。

※リップにツヤはあってもいいですが、パール系はNG。光を集めすぎてしまい、丸いラインがより強調されてしまいます。

グロスを使う場合は唇の中央にだけ使いましょう。

可愛さ+キレイを実現できるのが丸顔さん

丸顔さんは子供っぽく見られがちですが、いつまでも若々しく見られる得な事もあります。

もともと可愛さを持ち合わせていながら、さらにメイク1つで大人っぽくセクシーになる事もできちゃうのも魅力的なところ。

色気のある顔・メリハリのある顔になりたい時は

  • ベースメイクは縦のラインを意識
  • 眉メイクは媚山の位置を黒めより外に
  • アイシャドーはベージュ・ラインは長めに
  • チークはつける縦にブラウン系を
  • リップはオレンジ系・赤系・ベージュ系

持ちあわせた輪郭+メイクで実践してみて下さいね。

この記事のライター

メイクブラシ

メイクアップアーティスト

レイナ