敏感肌さんのニキビ・肌荒れ対策!ニキビ用化粧水おすすめランキングTOP3♪

メイクブラシ

メイクアップアーティスト

レイナ

公開日:2015.09.03

acne1

引用元:howtogetridofacne

ニキビっていつも時代も美肌の天敵ですよね…。

ニキや肌荒れが止まらなくなってきた時は、とりあえず【ニキビ化粧品】を検索する方も多いのではないでしょうか。

でもニキビ化粧品のほとんどはアルコールが配合されていて、殺菌効果が高いものばかり…。

もともと敏感肌の方には刺激が強すぎる…。かえって肌荒れやニキビを悪化させてしまっているかもしれません。

そんな最悪な事態に陥らないためにも今日は、

  • 敏感肌さんの肌に負担をかけないニキビケア化粧水選びのポイント
  • ニキビをきっちり撃退できるポイントをおさえたニキビ用化粧水
  • 敏感肌の方にできてしまうニキビの原因
  • ニキビができてしまった敏感肌さんのケア方法

この3つについてお話ししていきますね!

敏感肌のニキビにはコレ!化粧水選びに必要な3つのポイント

Dollarphotoclub_57334169-2-1024x904

引用元:www.wiseowlorganics.com

敏感肌の人は硫黄が配合されたニキビ化粧品は避けるのがベター

敏感肌の人は先に申し上げたように、とにかく肌の水分不足がトラブル全ての原因です。

ニキビ用化粧品に多く配合されている“硫黄”は肌を乾燥させる元になるので、硫黄が入った化粧品は避けましょう。

敏感肌の方は保湿因子“ヒアルロン酸”や“セラミド”が配合されているものに着目

敏感肌の方は、肌の水分不足を解消するために肌内分の水分を造り出している保湿因子を選びましょう。

“ヒアルロン酸”や“セラミド”が配合されているものがお勧めです。

また、できてしまったニキビ、敏感になっている細胞自体の炎症を沈め、元気な肌に生まれ変わらせてくれる“ビタミン類”の配合された化粧水を選ぶと尚良し。

これらを踏まえて、敏感肌さんでニキビ肌荒れに悩んでいる方に一度は使ってほしい化粧水をランキング形式でピックアップしてみました。

敏感肌さん向けニキビケア化粧水ランキングTOP3♪

1位 ヒト型セラミド&ビタミンCの力で大人ニキビや毛穴ケア!エトヴォス『14日間お試しキット』

ETVOS(エトヴォス) バランシングライン お試しセット

金額・要領

2052円/2週間分

肌の保湿やバリア機能の成分として40%を担っているセラミドが十分に配合されているブランドはコチラ。

20歳を超えてからニキビや敏感肌荒れに悩まされている人は一度使ってみるべき。試して損は絶対にありません。

肌のコンディション自体を整えながら、ニキビだけじゃなく、赤味・色ムラのない肌へ導いてくれます♪

2位 めざすはニキビゼロ肌・毛穴レス!【ピアベルピア化粧品スタートキット】

ピアベルピア スタートキット

金額・要領

1296円/

毛穴の汚れや、小さいぷつぷつしたニキビに悩んでいる敏感肌さんにオススメなのがこちらのブランド。皮脂量が多い10代ニキビの方にも推薦いたします。

肌の柔軟性に着目しているこのブランドは、肌にやさしく作用するアルカリ性の成分を配合。

弱アルカリ性の成分が、今あるニキビや弱った細胞をやさしく代謝させながら、元気は細胞へと変化させてくれます。

3位 化粧水で変わる!ニキビをなくして健やかな肌へ!【健肌の源】

健肌の源

金額・要領

4980円/120ml(約1ヵ月分)

コレはできてしまったニキビやニキビ痕、これからできそうなニキビを解消してくれる優れもの。

ビタミンC誘導体やヒアルロン酸など、肌の水分量を底上げしてくれる高級成分が配合されているのはもちろんのこと、高浸透処方のビタミンEで血行促進をしてくれます。

新しい細胞を強固にしながら肌荒れの原因、活性酸素を除去してくれるので、敏感肌には嬉しい高品質薬用化粧品です。

ニキビや肌荒れはもちろんのこと、敏感肌をも改善してくれる超優秀化粧品。

ご紹介した化粧水で美しい肌に近づいてくれると嬉しいです♪

敏感肌さんの原因は?対策するなら”水分保持”が大切

acne skin care

引用元:www.pixbam.com

敏感肌さんのニキビの一番の原因は“肌免疫機能の低下”によるものです。

敏感になった状態の肌内部を見ると“水分量”が普通肌に比べるとあきらかに足りていません。

肌内部が水分不足になるとどうなるのかというと、表面に過剰な油膜を張りやすく、目元や口周り・頬などの皮膚の薄い箇所はガサガサに乾燥してしまい、「肌表面のうるおいバランス=肌を守るバリア機能」が乱れがちに。

肌のバリア機能自体が乱れていることで、敏感になったりちょっとした刺激でニキビや肌荒れに繋がってしまいます。

また、このバリア機能が乱れた状態が悪化すると皮膚自体が薄くなり、「赤み」やニキビの元が根っこ深くにできてしまい、炎症がなかなか収まらない「赤ニキビ」を繰り返すといった慢性的な肌荒れ体質になってしまいます。

ですから、ご紹介した化粧水のように保湿力の高いお肌にたくさんの“水”を与えることの出来るもの使うべき。ニキビや肌荒れはもちろんのこと、敏感肌自体を改善することもできます。

お化粧品選びを間違えると逆に肌を傷つけてしまい取り返しのつかないことになるので、購入する時は、成分や処方など十分に気を払いましょう。

敏感肌さんのニキビケア!どのように対処すべき?

scar-free-skin

引用元:klinikavita.ru

コットンの使い方

ニキビケアには表面に溜まった汚れや、古い角質を取り除いてあげて、新しい元気な細胞を生産するのが一般的なケア方法となります。

そのため、ニキビケア化粧水はコットンを使用するものがほとんどです。

しかし、敏感肌さんは、この“コットン”の使い方を間違ってしまうとかえって皮膚を敏感にしてしまうので、気をつけましょう。

NG コットンの使い方

~コットンでゴシゴシ~

いくら、肌にやさしいコットンとはいえ、摩る刺激は敏感肌にとっては大ダメージ。必要以上に圧をかけないように、一定方向にコットンを動かすようにしましょう。

~コットンでパッティング~

敏感肌の方は神経が表面にまで出てきていて、赤味が出やすいのが特徴的。

コットンでパッティングをして「肌の奥まで成分を届けよう!」や「血行促進をして新しい細胞を生まれ変わらそう!」という事をよく耳にしますが、敏感肌さんがコットンでパッティングをしてしまうと、肌を刺激しすぎて赤ら顔になり、ニキビ痕が悪化してしまうので要注意です。

敏感肌さんはパッティングではなく、コットンパックに留めておきましょう。

クレンジング選び

~敏感肌の人は油分を過剰に落としすぎないクレンジング選びを~

敏感肌の人は表面のうるおいバランスが崩れているので、一見オイリーに感じたり、部分的乾燥が目立つはずです。

そこに+ニキビができると「油汚れをしっかり落とさないと」と思い、オイルタイプの洗浄力強いクレンジングで時間をかけてメイクオフする方もいますが、敏感肌にはかえって逆効果なことも。

オイルクレンジングは洗浄力が強すぎて、敏感肌の肌バリアを逆に不安定にしてしまうこともあるので、敏感肌ニキビにはクリームタイプかジェルタイプのクレンジングを使いましょう。

洗顔法

ちょっとした刺激でも肌がとにかく過敏に反応してしまう敏感肌さんは、とにかく洗顔する時も刺激を与えないこと。

ニキビがあると、ついついスクラブ洗顔料などでニキビをつぶしながら洗顔したくなりますが、ニキビの無いキレイな箇所まで傷付けてしまうかも。

しっかりと泡立てた後、その泡でニキビのできやすい箇所だけ、洗いましょう。

敏感肌さんのニキビケアにはUVケアはマスト

敏感肌の人はとにかく「ニキビ痕が残りやすい」その点を意識して日々のUVケアは念入りに行いましょう。

但し、UVクリームはSPF値が高いと肌に負担がかかってくるのでSPF35 PA+++ までの値のものを選びましょう。

また紫外線をダイレクトに浴びると、ニキビの原因となる活性酸素が発生して、ニキビもできやすくなります。

メイク法

敏感肌で更にニキビができてしまう人のベースメークは「パウダータイプ」のファンデーションを使用しましょう。

パウダーファンデーションは水分を含まないため、防腐剤もほとんど必要なく、比較的に肌にやさしいのです。

「粉っぽくなる」事を気にしてリキッドタイプやクリームタイプを使用している敏感肌さんは、逆にファンデーションの中に含まれた油分がニキビや敏感肌の原因かもしれません。

スキンケアでしっかり保湿しておけば、パウダーファンデーションを使用しても、一時間ほどすると自分の皮脂と馴染んでくれます。

化粧水・ケアだけで敏感肌を改善していきましょう!

iStock_000019484392Medium1

引用元:www.avecinia.com

敏感肌さんは普通に化粧品を選ぶことすら難しいのに、「ニキビ」という肌トラブルがプラスされると、もっと化粧品選びに悩んでしまいますよね…。

でも「何を選べばいいかわからないから」と言って、イメージや価格だけで適当に選ぶとニキビや敏感肌がもっと悪化して、見た目も汚く、痛みも出てくることになってしまいます…。

そうならないためにも、まずは肌の水分量を上げれる化粧水を使い、ビタミン類や肌の保湿因子がたっぷり配合された成分で今あるニキビやニキビ痕・これからできるニキビにしっかりアプローチ!敏感肌、ニキビ肌両方を撃退しましょう。

また、化粧水選びだけでなく、毎日のスキンケアの仕方やメイク法の見直しも同時にできれば、トラブルのないキレイな肌を手に入れられる日はもう目の前です♪