【2015秋冬】今季流行りのトレンドカラーを使った”トレンドメイク”のやり方♡

2015.12.22

作成者:レイナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015aw6

ファッションと同じようにメイクにも”トレンド”があります。

「トレンドメイクってどうやればいいの?難しそう…」「そもそも今季のトレンドカラーって何色なの?」と、お悩みの方も多いはず。

そこで今回は

  • トレンドメイクに必要な今季のトレンドカラー
  • 初心者でも簡単にトレンドメイクがつくれるポイント
  • トレンドメイクの手順(やり方)

以上の3つを分かりやすくご紹介します♡

ファッションだけではなく、メイクにもトレンドを取り入れてワンランク上の”おしゃれlady”を演出しちゃいましょう!

2015年秋冬のトレンドカラーとトレンドメイクのポイント♡

今季の定番カラーであるスモーキーカラーの中でも、どこのメーカーも“ボルドー”がキーカラーになっています。

前年は多色パレットを使用していたのに変わって今季は単色カラーでグラデーションを作るというのもトレンドの一つ

その背景は今季のファッションがワントーンカラ―というスタイリングにあります。

2015秋冬コレクションは全身白コーデなどの提案がパリコレから一般業界に降りてきていて、その影響でメイクも単色使いが人気になっているのです。

よって今年はボルドーの単色使いがトレンドとなっています♡

トレンドだからこそ力を入れたいメイクのポイントは5つ!

色選びだけにトレンドを取りこめばいいのかというとそれは大きな間違いです!

メイクの質感選びも重要なポイント

その他にも様々なポイントがあります。簡単にまとめてみたので参考にしてみてくださいね(^^)

<今季のトレンドメイクのポイント>

  • 肌はマットかセミマットで仕上げる
  • アイカラーはスモーキーなくすんだ色をチョイス
  • アイラインよりマスカラで目力UP
  • チークは少しくすんだ色味を骨格的になるようにのせる
  • リップは赤味の強いマットなものをチョイス

以上のポイントを押さえて今季のトレンドメイクを楽しみましょう♪

実際に2015年秋冬のトレンドメイクの手順を公開!

2015aw

それでは、実際にメイクをしながら今季のトレンドメイクの手順を公開します♡

写真つきでわかりやすく、オススメアイテムと併せてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

以前特集した『クリスマスに取り入れたい赤メイク♡初心者~上級者まで誰でも簡単なやり方を公開♡と同じように思われがちですが、実際にメイクをしていくと微妙に違う部分がでてきますので、そちらの比較もしていきながらご紹介します。

【ベースメイク】土台をリセットしてマット寄りに仕上げる

透明感と表面の質感がふわっと見えるようにマット寄りで仕上げましょう♪

ステップ1:下地はパープル系をチョイス

primer-purple

秋冬は血行不良でくすみがち。

肌の土台の色が悪いとスモーキーカラーも綺麗に発色しないので、透明感の出やすいパープル系の下地を使うようにしましょう♪

 ナチュラグラッセ カラーコントロールピュレ バイオレット

金額・容量3024円・20ml

肌の赤みや黄み・くすみをカバーしてトーンを均一に整え、透明感のある肌を演出してくれる化粧下地。植物エキスを配合しており、保湿力もバッチリ。2009年から7年連続でモンドセレクションを連続で金賞受した実力。

naturaglace-control-pure-violet

手軽に肌の透明感を手に入れることができるコントロールカラー。

寝不足の時でもこれさえあれば安心です♪

ステップ2:ファンデーションはリキッドでしっかりカバー

liquid-foundation
引用元:http://beautychatroombymarijana.blogspot.jp/

肌の土台作りをしっかり行うのはメイクカラーを綺麗に見せるための基本!

リキッドタイプのファンデーションを顔の中心からしっかり伸ばして密着させましょう。

 メイクさんのファンデーション

金額・容量・色展開3024円・30g・全3色

肌悩みをしっかりとカバーしてくれるのに素肌感覚に近い薄付きのファンデーション。プロのメイクアップアーティストが開発したファンデーションだからモデルや女優さんのようにキメ細かいなめらか肌に。

make-san

粗のない行き届いたお肌にしてくれるファンデーション。

ヘアメイクさんに施してもらった後のような均一な肌に仕上がります♪

ステップ3:お粉はマットな質感のものをチョイス

fnishing-powder
引用元:pashamag.com

トレンドメイクをするならフィニッシングパウダーはやっぱりマット!

マットが苦手な方はセミマットタイプのものでもOKです。

 シュウウエムラ フェイス パウダー マット カラレス

金額・容量4860円・15g

極上のパウダーが肌に吸い付くように心地よくフィットするフェイスパウダー。粉っぽさを感じないのに毛穴をしっかりカバー。自然でサラッとしたセミマットな仕上がりを演出します。

shu-uemura-face-powder

粒子が細かくて肌表面の質感をしっかり秋冬モードに変えてくれるパウダー。

粉っぽくならず自然な仕上がりなので、マットな質感が苦手な方でも化粧下地+このパウダーでサラッと仕上げることもできるのでオススメです♪

 ローラ メルシエ ミネラルフィニッシングパウダー 1

金額・容量4536円・12g

「ルースセッティングパウダー」にミネラルを豊富に含むパールパウダーを配合した人気No.1のミネラルフィニッシングパウダー。肌を守りながら毛穴をカバー。透明感のある仕上がりでナチュラルなサラツヤ肌に。

laura-merchier-finishing-powder-1

セミマットに仕上げるならローラのお粉が最適♡

ギラギラしてないのに、光があたった時だけハリが出たように見える肌を再現してくれます。

【アイブロウ】中間色のパウダーで平行的につくる

eyeblow06

眉は「平行的に」を意識してください。濃さは髪の色と瞳の中間色で仕上げます。

アイブロウアイテムはパウダーを使ってベースメイク同様、マットな質感を演出しましょう♪

<赤メイクとココが違う!>

赤メイクのときは「太さ」もプラスされていますが、こちらは太さを出してしまうとせっかくのトレンドカラーが台無しになってしまうので太さは普通で大丈夫です(^^)

 メディア パウダーアイブロウa DB-1

金額702円

自然な眉が描けるパウダーアイブロウ。薄めのカラーと濃いめのカラーの2色セットだから髪色やメイクに合わせてなりたい眉が簡単・手軽に叶える。付属のブラシで眉頭から眉尻までこれ1つで描けます。

media-powder-eyeblow-db1

ふんわり眉を描くならメディアのパウダーアイブロウがオススメ!

付属のブラシで細い線も太い線も自由自在なので、1つあれば重宝すること間違いなしですよ♪

ステップ1:眉山を設定する

eyeblow_01

いきなり眉頭から描いてしまうとバランスが取りにくくなってしまうので、必ず最初に眉山を設定しましょう。

瞳の外側と目尻の間より少し外側の直上にポイントを取ります。

ステップ2:眉尻を描いていく

eyeblow_02

眉山から耳の直上に向かって眉尻を描いていきます。

よく眉尻を「長めに下げめ」に描く方がいますが、どんな顔の形でも元は球体で側面はカーブがかっているので、下げめに描いてしまうとバランスの悪い垂れ眉に見えてしまいます!

「太めに平行的に」を再現するためには、なるべく真っ直ぐ描くようイメージしてくださいね(^^)

ステップ3:眉のアンダーラインを眉尻に繋げる

eyeblo_03

眉頭付近から眉のアンダーラインを直線的に描き、眉尻に繋げていきます。

ステップ4:眉の全体をアイブロウパウダーで埋める

eyeblow_04

眉の上はあまり濃い線を描かず、ブラシに余った粉で描き足す程度にしておきましょう♪

そうすることで自然でマットな質感のある眉を演出することができます。

ステップ5:スクリューブラシで全体を整える

eyeblow_05

描きっぱなしではアイシャドウとのバランスが悪くなるので必ずぼかしましょう。

【アイシャドウ】トレンドカラーを単色使いでグラデーション

eyeshadow04

ポイントでもお伝えしましたが、アイシャドウは単色使いが今季のトレンド!

ブラシやチップなど道具を使い分ければ比較的簡単に単色グラデが出来上がるのでぜひ試してみてください♪

<赤メイクとココが違う!>

単色で全体にグラデーションをつくるのは赤メイクと一緒ですが、今回は上下まぶたを囲むのではなく、上まぶたのみに塗っていきます。

下まぶたはハイライトを軽くのせましょう♪

 オンリーミネラル アイシャドウ<ボルドー>

金額・容量2700円・1g

微粒子パウダーが肌にピッタリ密着して粉飛びしにくいアイシャドウ。美しく発色するから重ね塗りをしても濁ることなくまぶたをキレイに彩ります。ボルドーは美発色でディープな目元を演出。

only-minerals-eyeshadow-bordeaux

単色でたっぷり入っているので毎日使っても今季は乗り切れるので、思う存分トレンドメイクを楽しんでください♪

ステップ1:アイカラーを目の際にたっぷりつける

eyeshadow_01

ボルドーの単色カラーを目の際にしっかりのせます。

ブラシだと上手く濃さを出せない場合はチップを使いましょう♪

ステップ2:アイカラーを再度ブラシにとってグラデーションをつくる

eyeshadow_02

目の際からアイホールに向かってぼかしていきましょう。

二回目をつける時も目の際からつけていくのがポイントです。そうすることで目の際に段々と深みが出てグラデーションが簡単に出来上がります♪

ステップ3:ハイライトを眉下にON

eyeshadow_04

最後にゴールドのハイライトを眉下にのせればボルドーの深みがより一層際立ちます。

白いハイライトを入れるとボルドーの深みが減少し、ハイライトをのせた部分だけ浮いてしまうので肌馴染みのいいゴールドを使うようにしてくださいね♪

<赤メイクとココが違う!>

赤メイクのときはマットな質感を演出するために赤以外のカラーをまぶたにのせていません。ですが、トレンドメイクは立体感も重要なのでハイライトを重ねていきます。

このときに使うハイライトと同じものを下まぶたに軽くのせてください♪

 ダイヤモンドビューティー ブラッシュ<ゴールドジュエリー>

金額1080円

ひと塗りで特別オーラを放つアイシャドウ。嫌なギラつきはなくほどよいラメ感。ゴールドジュエリーはベースとしても使える自然な発色でメリハリヌーディフェイスが簡単につくれます。

diamond-beauty-blash-04

肌に溶け込んでアイシャドウの色を綺麗に見せてくれるハイライトです。

【アイライン】アイシャドウの延長線で気持ち色を足す程度

eyeliner_01

アイラインはアイシャドウに合わせてボルドーを使用します。

一見「難しそう」「濃くなりそう」と思いがちですが、それは大きな間違い!

気持ち色を足す程度で大丈夫なので、まつ毛のすぐ上に”細く長く”引いてください♪

eyeliner_02

<赤メイクとココが違う!>

赤メイクのときは黒ラインを引いて赤みを強調させていましたが、今回はシャドウと同系色を使ってあくまでもシャドウのグラデーションの延長線上ということを忘れないようにしましょう。

 メイベリン アイステュディオ スリム アイライナー<03 ボルドー>

金額・色展開1080円・全4色

やわらかいタッチで細いラインからぼかしまでを正確に描ける繰り出し式のアイライナー。水・汗・皮脂に強いウォータープルーフタイプだから、通常のペンシルライナーだと滲んでパンダ目になってしまう方にオススメ。

maybelline-eyestudio-eyeliner-bordeaux

練りタイプのアイライナーでヨレにくく、アイカラーのボルドー感をより一層際立ててくれます。

【マスカラ】普段のメイクでも浮かない定番カラーで長さ出し

Eyelash-curler_02

日常使いも加味してブラックやダークブラウンが無難です。

最近ではカラーマスカラなども人気ですが、今年は普段のメイクでも浮かないのがトレンドのポイントなので、マスカラはブラックやダークブラウンを使うようにしましょう♪

 モテマスカラ リペア Lo-R<ロング>

金額・内容量1944円・7g

ひと塗りで自まつげが伸びたかのような仕上がりを叶えてくれるロングマスカラ。まつげ美容液いらずの本格まつ毛ケアも同時にできる。独自開発のキープカールブラシでダマになりにくいから重ね塗りもOK。まつエクやつけまとの相性も◎。

mote-mascara-long

つけるだけでまつ毛の修復も同時進行してくれて自まつ毛の長さがドンドン伸びます。

ステップ1:ビューラーでカールアップします

Eyelash-curler_01

セパレートして見えるように、根本からしっかりとビューラーで立ち上げます。

ステップ2:マスカラをON

mascara_02

マスカラはロングタイプがオススメです。ボリュームを出し過ぎてしまうとせっかくのアイシャドウも濁ってみえてしまいます。

【チーク】くすんだ色をシャープにのせて骨格的な顔を演出

cheek_01

くすんだ色を頬に一直線に塗布するのがポイント!

頬骨より少し下にシャープな線を描くようにのせてください。

チークの色を選ぶ場合も目元のボルドーに合わせて少し赤味が入っていたり、くすみがかった色をチョイスするようにしましょう♪

<赤メイクとココ違う!>

赤メイクと違うポイントはチークを入れる位置。赤メイクのときは頬骨の部分にふわっとのせていましたが、今回は頬骨より少し下に入れます。

骨格的に見せるのが今季のトレンドなので、頬骨の下の骨格をチークでしっかり捉えるようにしてみてください♪

 イヴ・サンローラン ブラッシュ ヴォリュプテ<2 セデュクトリス>

金額・色展開6480円・全9色

自然な立体感で頬を美しく演出するチークカラー。各パレットごとに計算されたテクスチャーとカラーの組み合わせ。<2 セデュクトリス>はサテンな質感で上質な仕上がりに。

yves-saint-laurent-blush-volupte-02

サンローランのチークは肌を沈んで見せないのに、ほどよく重厚感を与えてくれるのでかなり使いやすいです。

【リップ】トレンドカラーでスタンプ塗りをして抜け感をつくる

lip_01

リップはスタンプ塗りがベスト♡

ただマットなボルドーカラーを塗っておけばいいというわけではありません!

スティック自体を直接唇にスタンプのように当てて口紅をのせてください。

目元にしっかり色を持ってくる分、口元には抜け感をつくるようにしましょう♪

<赤メイクココが違う!>

赤メイクのときはアイシャドウと質感を合わせることが重要でしたが、今回はマットな質感を選ぶようにしましょう。

なるべくグロスを使わずにリップクリームで潤いを与えてから塗るか、保湿効果のある口紅を使って口紅だけで仕上げるようにしてください♪

 リンメル マシュマロルック リップスティック<メルティレッド>

金額・色展開1404円・全12色

クリーミィマットなカラーがやわらか唇に仕上げるリップスティック。モイストオーバルパウダーで心地よいタッチとフィット感、球状粉体でセミマットな質感を演出。ヒアルロン酸やシアバター配合で保湿力も抜群。

rimmel-marshmallow-lipstick-015

絶妙な色が今年のキーカラーボルドーと相性抜群。

気持ちいいフィット感でセミマットな質感を演出するリンメルのリップスティックはスタンプ塗りに持って来いのアイテムです♡

トレンドカラーを取り入れたメイクで最先端の大人Ladyに♡

Untitled design (13)

メイクも洋服に合わせてトレンドを取り入れてあげると一気にオシャレ度が上がりますよね。

今季のトレンドカラーのボルドーを使ったトレンドメイクは、写真のように黒い洋服やニット帽などと相性抜群!女性らしさが格段にUPします♡

一見難しそうに思われがちなトレンドメイクですが、トレンドカラーとポイントさえ押さえてしまえば誰でも簡単にできるのでぜひチャレンジしてみてください(^^)

<2015年秋冬トレンドメイクのポイント>

  • 肌の質感はマットに仕上げる
  • 眉は平行に太目につくる
  • ボルドーを単色使いでグラデーション
  • リップはスタンプ塗りで抜け感を演出

以上のポイントをおさらいして、今回ご紹介した手順を参考に今季のトレンドメイクを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか?♡

この記事のライター

メイクブラシ

メイクアップアーティスト

レイナ