粉吹き肌からうるツヤ肌に♪抑えておきたい冬のベースメイク方法

メイクブラシ

メイクアップアーティスト

レイナ

公開日:2015.08.21

beautiful-winter-girl

引用元:7beautytips.com

冬になると…化粧ノリがわるくなりますよね。

空気が乾燥している冬にお化粧崩れに悩まされた経験はありますでしょうか。

空気中の湿度が低くなってくると当然肌も乾いてきます。

肌表面が剥離した状態になりやすく、化粧ノリが格段に悪くなります。乾燥が慢性化した肌は、やがて粉が吹いて肌あれスパイラルに陥ってしまうことに。

でも、そんな粉吹き肌は、ちょっとした気遣いで誰もが触りたくなるような“うるおいに満ちた肌“に早変わりします。

今日はその“うるツヤ肌になるためのちょっとした気遣い”をご紹介します!

下地からウォーターベースのものをチョイス!

organic-face-care

 引用元:logona-cosmetics.co.uk

冬場のベースメイクを仕上げるにあたって、下地はマストアイテムだってご存じでしょうか。

下地と一口に言っても、色ムラを補正するものや、毛穴を隠すもの、血色をプラスするものなど、その用途は様々。

うるつや肌を一日中キープするためには欠かせないのは、何といってもウォーターベースの下地です。ウォーターベースの下地とは、水溶性の成分が含まれている化粧下地のこと。

成分表にひとつでも、“水溶性○○“などの表記があれば、それがウォーターベースの下地ということになります。

ウォーターベースの下地はつけた瞬間に肌がうるおうのはもちろんのこと、日中の渇きもしっかりとカバーすることができますよ。

保湿力高めの下地を二度付けが効果的♪

skin-health-large-15433244

引用元:neomo.ca

下地選びがしっかりできたら、次はつけかたに気遣いましょう。

乾きやすい目周り、フェイスライン、口周りには下地を二度つけ。

この二度つけを行うだけで、ファンデーションのノリは劇的に変わります。

そして、ファンデーションは必ずクリームタイプを選びましょう。濃厚な保湿成分が配合されているものが多く、時間が経過しても乾燥粉吹きを防いでくれます。

日中はクリームファンデーション自体のうるおいパック効果でうるツヤ肌になれます。

お粉はTゾーン、顎先を先に

お粉がカサつき原因にもなりやすい冬場は、つけ方や順番にもこだわってみてください。お粉をパフに揉みこんだ後は皮脂崩れの起きやすいTゾーンや顎先からのせてみましょう。

その後、残った粉を目元、口元の細部に軽くON。乾燥が目立ちやすい頬はつけなくてもOKです。

この手順で粉をつければ、頬などの面積の広い部分にたくさんうるおいが残り見た目にも、うるうる感が一気にあがるはず。

プラス一品でうるツヤ肌は一気に甦る

皆様は”メイクの上からでもうるおいを与えることできるアイテムがある”ってご存知でしょうか。

メイクの上から使える、アイクリームやミスト型お化粧水を使用して肌に栄養を与えてあげれば、カサカサ粉吹き肌とおさらばです。

手持ちのメイク品の上からでもすぐに使えて、明日からでもうるおいに満ちた肌に近づけるので是非活用してみてください。

ミスト化粧水のススメをご紹介!

dプログラム デーリペア ミスト

資生堂

dプログラム デーリペア ミスト

参考価格:1,744円

このミストは乾きやすい敏感肌の方でも使える高浸透処方。

日中のうるおい不足によるファンデーションのひび割れは粉吹きに悩まれている方は、絶対携帯すべき代物です。

メイクの上からでもつけれるオススメアイクリーム

SUQQUアイクリーム

SUQQU

SUQQUアイクリーム

販売終了

目元のカサつきヨレが気になる方は、これを使ってみてください。メイクの上からでも、スーッと馴染んで、とても不思議なアイクリーム。

目元の毛細血管にまで行き届いて、結構促進をしてくれるから肌表面の乾燥を根本改善してくれます。

冬の乾燥をふせぐ優秀アイテムをうまく取り入れて♪

いかがでしたか。ファンデーションをつける手前のアイテムに少し工夫をこらすだけで、肌質が一気に変わります♪

またメイクの上から使えるアイテムは、日中スキンケアできない肌のために美容成分を濃縮して作っている処方が多いので、夜になるとお肌の違いに誰もが驚くはずです。

是非、みなさまの参考になれば幸いです。